SUBSIDY

優遇制度・補助金

SUBSIDY

米田建設は、新築をお考えのお客様にとって、大変お得なプランをご提案しておるます。

長期優良住宅について

2009年6月4日にスタートした「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により、長期優良住宅には税制面で大幅な優遇措置が取られることになりました。 土地の価値はあっても、建物の価値はすぐに下がってしまいローンが終わる頃には、また建て替えられる。長期優良住宅は、そんな日本の住まいを変えることが可能です。 「長期優良住宅の認定条件にもとづいた住宅をつくり、長期優良住宅にもとづくメンテナンスを実施し、長く大切に使う仕組み」を作ることで、地球環境にも住む人にも やさしい住まいを実現。お客様にとって、お子様、お孫さんの世代まで住むことが可能な長期優良住宅を建てるチャンスです。

長期優良住宅

 

住宅ローン減税

住宅ローン減税とは、年末のローン残高の1%を所得税から10年間控除できる制度です。認定長期優良住宅及び認定低炭素住宅家は、一般の住宅に比べて借入金の年末残高限度額が1000万円多く設定されています。

大幅拡充した住宅ローン織税の適用期限は平成29年12月31日入居分まで

消費税率が8%になったことをうけ、乎成26年4月1日から平成29年12月31日までに入居した場合の住宅ローン減税の最大控除額が大幅に拡充され、一般住宅は200万円から400万円に、認定住宅は300万円から500万円となりました。

 優遇制度・補助金の一覧へ戻る

 

長期優良住宅・地域型住宅グリーン化事業

米田建設が他の木材、建材流通等の関連事業者とともにグループを組み、認定されたルールに則って地域材を活用した長期優良住宅を建設した場合に、最大100万円までを補助するという制度です。

今年度のグループ募集も昨年同様1回のみ

事業に取り組匁グループの募集は、今年度は1回のみ。5月12日が締め切りです。着工は、グループに対する採択通知の発送日以降で、平成27年3月31日までとなります。

地域型住宅グリーン化事業における補助金取得の流れ

地域型佳宅グリーン化事業の補助金を獲得するポイントは3つ。まず「地域型住宅」の共通ルールをつくるグループに参加すること。 参加グループの捉案が採択されてから着工すること。そして、今年度から住宅の「省エネルギー技術者講習」の惨了者が設計、施工、監理することが要件となったので対応すること。 なお、補助金申請、完了実績報告はグループがとりまとめて一括申請します。

 優遇制度・補助金の一覧へ戻る

 

長期優良住宅、低炭素住宅の特別税額控除

自己資金で家を建てる人にも、長期優良住宅、低炭素住宅を普及させようと設けられた減税制度。長期優良住宅または低炭素住宅にするための性能強化費用(かかり増し費用)相当分の10%がその年の所得税から控除されます。

現行の制度は平成29年12月31日入居分まで

長期優良住宅または低炭素住宅のみに適用される減税制度で、自己資金、住宅ローンのいずれの塀合でも利用できます。適用期間は乎成29年の12月31日入居分まで。

性能強化費用(投資金額)の10%を所得税控除

「標準的な性龍強化費用相当額」に床面積を乗じ、650万円を上限に、その10%相当額が、その年分の所得税額から控除されます。控除しきれない場合は、翌年分の所得税額から控除されます。

 優遇制度・補助金の一覧へ戻る

 

フラット35S

省エネルギー性、耐久性、可変性、耐震性、バリアフリー性などの一定の基準を満たす住宅の取得のためにフラット35を申し込んだ場合、フラット35Sが適用され、金利が優遇されます。

フラット35S金利優遇は平成27年3月31日申し込み分まで

平成26年度のフラット35Sの金利優遇は、乎成26年度と同じ▲0.3%。優遇期間は金利Aブラシが10年間、金利Bプランは5年間です。 フラット35Sには予算金額があり、予算に達する見込みとなった場合、受付が終了しますので注意が必要です。

フラット35Sの優遇金利を受けられる注宅

フラット35Sの優遇金利を受けるには、フラット35の基準を満たしたうえで、「省エネルギー性」「耐久性・可変性」「耐震性」「バリアフリー性」の各種条件を満たす必要がございます。詳しくはお問い合わせください。

 

  ※フラット35Sのお得度

借入金額 一般の
フラット35
フラット35S 返済期間
総返済額 総返済額 お得額
1,000万円 1,253万円 1,228万円 25万円 20年返済
1,200万円 1,504万円 1,473万円 31万円
1,400万円 1,754万円 1,719万円 35万円
1,600万円 2,005万円 1,964万円 41万円
1,800万円 2,256万円 2,209万円 47万円
2,000万円 2,782万円 2,723万円 59万円 30年返済
2,200万円 3,060万円 2,995万円 65万円
2,400万円 3,338万円 3,267万円 71万円
2,600万円 3,616万円 3,539万円 77万円
2,800万円 3,894万円 3,812万円 82万円
3,000万円 4,387万円 4,925万円 92万円 35年返済
3,200万円 4,680万円 4,581万円 99万円
3,400万円 4,972万円 4,867万円 105万円
3,600万円 5,265万円 5,153万円 112万円
3,800万円 5,557万円 5,440万円 117万円
4,000万円 5,850万円 5,726万円 124万円

 優遇制度・補助金の一覧へ戻る

 

すまい給付金

消費税率引上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設された新制度です。収入が一定以下(消費税8%時は収入510万円以下が目安)の人を対象に最高30万円まで(消費税が10%になった場合は50万円まで)国が現金の自己資金で家を建てる人にも、長期優良住宅、低炭素住宅を普及させようと設けられた減税制度。長期優良住宅または低炭素住宅にするための性能強化費用(かかり増し費用)相当分の10%がその年の所得税から控除されます。

期限は平成29年12月31日入居分までに入居した人

対象となるのは乎成26年4月1日~平成29年12月31日までに佳宅の引き渡しを受け入居した人。消費税対策として創設された制度のため、消費税8%および消費税10%が適用される住宅取得者が対象となります。

第三者検査を受けた新築注宅と中古住宅が対象

すまい給付金は、良質な住宅ストックの形成を促す目的もあるため、施工中等に第三者の現場検査を受け、一定の品質を担保することが求められています。 具体的には住宅瑕疵担保責任保険への加入または建設住宅性能表示を利用する住宅、あるいは住宅瑕疵担保責任保険法人により、保険と同等の検査が実施された住宅であることが条件となります.また、住宅ローンを利用しない(できない)50歳以上の中高齢層は、収入額の目安が650万円以下に緩和される一方、住宅金融支擾機構のフラット35Sと同等の基準を満たす住宅であることが求められます。

消費税8%時の目安は収入額510万円以下、持分割合に応じて給付される

消費税は所得が少ない人の負担が相対的に大きくなる仕組みのため、すまい給付金の対象は低中所得者に限られます。消費税8%時は収入目安が510万円以下、平成27年10月から予定されている消費税10%時は、収入目安が775万円以下となります。給付額は、住宅取得者の収入及び不動産登記上の持分割合により決まります。

 優遇制度・補助金の一覧へ戻る

 

  • ポイント img00
  • ポイント img01
  • ポイント img02
  • ポイント img03
  • ポイント img04
  • ポイント img00
  • ポイント img01
  • ポイント img02
  • ポイント img03
  • ポイント img04

お気軽にお問合せください。